役員紹介

役員紹介

代表取締役社長:屋代和将

2004年、株式会社マインドに入社。2006年に自らが企画したオープンソース人事給与勤怠管理のMosP(モスプ)をリリース。2009年にはOSSコンソーシアムの立ち上げと共に事務局長に就任、2018年に事務局長を退任し副会長になる。2012年には一般社団法人オープンソースライセンス研究所の立ち上げに参画し理事に就任する。

2010年、株式会社マインド 取締役就任、2015年、同社専務取締役就任、2018年12月、同社代表取締役社長就任。ユーザーのIT投資適正化を使命とし、オープンソースを利用した中堅中小企業ソフトハウスの質の高いITサービスをユーザーに届けるべく、オープンソースと業務アプリケーションのビジネスモデルを模索する。
静岡大学大学院総合科学技術研究科修了。

取締役CTO:屋代 真吾

青山学院大学理工学研究科修了後、同大学理工学部の助手として勤務。その後、三菱電機エンジニアリング株式会社に入社し情報システム部に配属。社内業務システムの運用及び管理に従事。
2005年、株式会社マインドに入社。オープンソースソフトウェアMosPの開発等に従事。

2007年4月取締役社長就任、2008年1月代表取締役社長就任、2018年11月代表取締役社長退任。2018年12月株式会社マインド取締役CTO(最高技術責任者)に就任。

取締役:中西 浩一

三菱商事とIBMにて設立されたエイ・エス・ティに1986年入社後、中堅企業のシステム・インテグレーション・サービスに従事。2001年アイ・ティ・フロンテイアに統合後、各ソリューションおよびオファリング・サービス全域に亘るシステム開発分野・業界を担当。2012年執行役員・技術本部長に就任し新規システム開発部門およびシステム維持管理部門のライン長としてビジネスを推進・拡大。

2014年TCSJapanに統合後も開発責任者(本部長)として複数のグローバル・プロジェクトを推進、プロジェクトの評価、トラッキングおよびPMの育成・指導などに従事。

取締役:出口 知史

東京大学大学院工学系研究科修了後、経営戦略コンサルティングファームのコーポレイトディレクション、ダイヤモンド社(『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』編集部)、産業再生機構(プロフェッショナル・オフィス)、グラクソ・スミスクライン(経営企画部)、メットライフアリコ生命保険(戦略企画部)および複数の投資ファンドに勤務。投資ファンドやコンサルティングファームでは投資先企業・クライアントに直接入り込んだり経営に自ら参画し、再建・成長させることを主な業務としていた。

2007年より慢性的な営業赤字に陥っていた老舗の健康器具メーカーで常勤取締役を務め、1 年で恒常的な黒字体質にへ変革させ、その後3年にわたり連続で成長させた。同様に2015年より老舗の事務機器メーカーにおいても常勤取締役として利益改善を実現させた。2018年1月より株式会社SONOKOの副社長、同、4月に代表取締役社長に就任。

2018年3月株式会社マインド取締役就任。

取締役:児玉 知浩

慶應義塾大学法学部卒業後、新日本製鉄(株)エレクトロニクス・情報通信事業部(現新日鉄住金ソリューションズ)配属。業務部門にて事業管理、営業部門にて主に、サーバソリューション、インターネットソリューション(ISP、IDC、CRM、Web)事業企画を担当。

2001年からデジット(株)取締役副社長COO就任、2007年退任。現在ベンチャー企業数社の社外取締役、VCの投資アドバイザーをする傍ら、2004年より金沢工業大学社会人大学院客員教授としてアントレプレナーシップ特論を担当。2010年 株式会社Practehcs代表取締役就任、同年(株)アイグロー設立 代表取締役就任。

2018年3月株式会社マインド取締役就任。

事業概要


PAGE TOP